本文へスキップ

これからの下水道を皆で考える全国ネットワーク

平成24年度その他履歴HISTORY


下水道界でがんばる女性の皆さん GJリンクに参加しませんか

 下水道広報プラットホーム(GKP)は活動の一環として、人と人をつなぐ機会や場の創出に力を注いでいます。このほど、下水道界で活躍する女性たちをつなげる場として「GJリンク」を開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
 開催日は平成25年5月15日(水)。一般的な女子会のノリと、勉強会の要素を融合させた新たな試みです。女性ならではの問題意識や悩みの共有、キャリアアップにつながるディスカッションなどを行う予定です。
 年齢や産学官等の所属の別は問いません。たくさんの方のご参加を心よりお待ちしています。

【GJリンクの目的】
・女性のキャリアアップに繋げる
・女性同士の輪を広げる
・女性同士で刺激し合い、やる気UP
・女性ならではの悩み共有、意見提案
・先輩女性の経験を参考にする
【開催概要】
 日  時:平成25515日(水) 1430分〜1730
 場  所:日本下水道協会 5F 大会議室
     (東京都千代田区内神田2-10-12 内神田すいすいビル)
GJリンクの詳細および申し込み概要はここからご覧いただけます。

アーカイブのページを作成しました

 GKPの活動記録を永く保存するため、アーカイブのページを作成しました。右のバナー欄の中の「アーカイブ」をクリックすると、過去の情報が閲覧できます。今後、年度ごとにデータを整理し、保存していく予定です。

長岡会長「下水道の広報はなぜ必要か、そしてそのために何が必要か

 GKPの長岡裕会長(東京都市大学教授)が、今年1月に発行された東京下水道設備協会の機関誌「下水道設備」(112)に「下水道の広報はなぜ必要か、そしてそのために何が必要か」を寄稿されました。従来の広報は「下水道の持つ本質的な価値」をきちんと伝えてきただろうか?、また、下水道システムを点ではなく「一本の線」として肌で理解される広報になっていただろうか?そんな視点から、下水道広報の位置づけや重要性、今後のあり方などを簡潔にまとめられています。GKP会員の皆さまをはじめ多くの方々にご一読いただきたいと思い、発行元の東京下水道設備協会及び長岡先生の了解をいただいた上、当ホームページに転載させていただきました。GKPがめざすべき道を分かりやすく示した提言ともいえる内容です。以下をクリックしてご覧ください。
「下水道の広報はなぜ必要か、そしてそのために何が必要か」

江戸まち通信 下水道の豆知識掲載(管路総研)

 管路管理総合研究所の出前授業出張レポートが「江戸まち通信」の2月号に掲載されました。 同通信は、NPO法人江戸まち通信が年4回発行しているフリーペーパーです。記事では、下水道に流していけないものをはじめ、下水道の豆知識などが紹介されています。どかんさんとせいこちゃんというオリジナルキャラクターのマンガもあって子供たちが楽しんで学べる内容になっています。
記事の詳細はこちらからご覧いただけます。


エコプロにこども下水道場が出現! 約6000人が来場しました

 12月13日(木)〜15日(土)の3日間、「エコプロダクツ2012」(東京ビッグサイト)で下水道のPRを行いました。
 「21世紀の下水道を考える会協議会」による同展示会への出展をGKPが支援したもので、下水道の役割などを忍術に模して分かりやすく伝える「こども下水道場」をコンセプトとしました。具体的には、小学3〜4年生をメインターゲットとした顕微鏡観察やクイズなどを楽しんでもらいながら、理解度を測る認定試験を行ったもので、合格者には認定書と合わせて、下水道を使う際の「鉄の掟6か条」を印刷した特製トイレットペーパーをプレゼントしました。
 GKP企画運営委員会は当初、4000人の来場を目標としていましたが、それを2000人も上回る約6000人の方々に足を運んでいただくことができました。実施内容に関しても、水の天使の酒井美帆さんやたくさんのボランティアの方々にお手伝いいただいたお蔭で、来場者に分かりやすく丁寧な説明ができたのではないかと感じております。この場を借りて、改めて感謝申し上げます。
 GKPではこれを足掛かりに、下水道展のさらなる改善や、来年度の各種イベント等の充実をめざす方針です。


TOKYO FM ラジオ番組に国交省・塩路課長が出演 (平成24年8月)

 8月12日と19日に放送されたTOKYO FM放送のラジオ番組「今井澄子のグローバルアイ」に、国土交通省下水道部の塩路勝久事業課長が出演しました。マンホール蓋の面白さやスリップ防止等の技術、管路の耐震化、光ファイバー、東京都下水道局が進めているダイエットレシピ、京都の水文化と下水道の関わりなど、話題満載でトークを繰り広げています。是非、お聴き下さい。
8月12日分の放送はこちらでお聴きいただけます。
8月19日分の放送はこちらでお聴きいただけます。

「情報共有」のページを立ち上げました

 下水道広報に関する情報共有のページを立ち上げました。このページは、会員の皆さまが作り上げるものです。どんな情報でも構いません。GKPがめざす「下水道の価値を伝え、共感を生み、下水道のプレゼンス向上を図る」ための広報を考える上で、参考になる情報をどしどしお寄せください。
 「情報共有」のページへは、当ページ右の「情報共有」と書かれたバナーをクリックすることで移動できます。(情報の送り方も同ページに記してあります)

江戸まち通信でGKPが紹介されました

 GKPの紹介記事が「江戸まち通信」の7月号に掲載されました。 同通信は、NPO法人江戸まち通信が年4回発行しているフリーペーパーです。江東区役所本庁舎をはじめ、江東区内の9箇所の行政施設に加え、同区のスポーツ施設(5箇所)、文化センター・資料館(14箇所)、都営地下鉄の駅(10駅)などで配布されました。
 GKPのねらいや今後の活動の方向性が分かりやすく書かれています。是非一度、ご覧ください。
掲載記事はこちらからご覧いただけます。


レインボータウンFM 下水道の重要性を放送 (平成24年7月21日)

 7月21日に放送されたレインボータウンエフエム放送のラジオ番組「大江戸ワイド スーパーサタデー」で、下水道がとり上げられました。震災時の下水道の重要性、これからの役割などが東京都下水道局の職員の方へのインタビューを通して語られています。
放送はこちらでお聴きください。(12分あたりから)

説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。


information

事務局へのお問合せはこちら

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-10-12
(公益社団法人日本下水道協会内)
 TEL.03-6206-0205
 FAX.03-6206-0265