本文へスキップ

GKP未来会

GKP下水道を未来につなげる会(未来会)のサイトへようこそ。
当サイトでは、未来の「下水道パーソン」の発掘をめざす未来会の活動を紹介します。

「水ビジネスとしての下水道のお仕事」〜いろんな会社を覗き見しよう〜

GKP未来会 九州・長崎で初のイベント開催!

 下水道広報プラットホーム(GKP)は、長崎大学工学部社会環境デザイン工学コー
スが実施する講座「水環境システム工学」に協力します。
 九州では初のイベントとなり、GKP未来会九州のメンバーを中心に取り組みます。
 講義では、下水道の魅力を学生へ発信するため、業界の関係者が一堂に会し、下水道由来の肥料で栽培した農作物「じゅんかん育ち」の試食会をはじめ、熊本地震による下水道業界全体の取組みについても解説します。
 質問コーナーでは、下水道業界や社会人の生活、就職活動など、学生からの質問に答える予定です。
 さらに、特別ゲストに長崎出身の『2017ミス日本「水の天使」宮アあずささん』をお迎えし、日頃、「水の広報官・外交官」として、全国各地で活躍される宮アさんの
トークコーナーを予定しています。

【GKP未来会×長崎大学】
 日時 平成29年10月23日(月)
 場所 長崎大学文教キャンパス
 対象 長崎大学工学部社会環境デザイン工学コース3回生・大学院生
 主催 下水道広報プラットホーム(GKP)九州 下水道を未来につなげる会
 協力 長崎市上下水道局、長崎大学、九州地方下水道協会

未来会が取り組む「産学官連携によるリクルート活動」が国土交通大臣賞を受賞

 このたびGKP下水道を未来につなげる会(未来会)が「平成29年度(第10回)国土交通大臣賞<循環のみち下水 道賞>アセットマネジメント部門」を受賞いたしました。
 未来会がこれまで東京電機大学、東京都市大学、京都大学、茨城大学、木更津工業高等専門学校等と取り組んだ産学官連携によるリクルート活動が評価されたものです。
表彰式ではGKP未来会を代表し笹尾氏(前澤工業(株))が牧野国土交通副大臣より賞状をいただきました。
 今後、地方版未来会の設立など本事例の水平展開をはかり、人材確保の観点から下水道界の持続と進化に一層貢献してまいりたいと思います。
 大学でのイベント開催や未来会への入会にご関心のある方はGKP事務局までお問い合わせください。
  
※循環のみち下水道賞や受賞内容は以下のバナーをクリックしてください


下水道展’17併催企画 体験型!水ビジネスワークショップ報告

 このたび、8月1日から4日間開催された「下水道展 '17 東京」内の企画として、8月2日に「体験型!水ビジネスワークショップ 〜水の未来について考えよう!〜」を開催しました。
 大学3年生から修士課程まで様々な年代の学生19名が集まり、下水道事業を最前線で担う国土交通省や自治体、コンサルタント、メーカーの若手職員がグループワークや歓談をともにしました。グループワークでは「見つけた技術が、なぜ、選択した使命を達成するにあたって魅力的なのか」各自の考えをプレゼンしました。独創的な切り口から様々な取り組みへの道筋が提示されたとともに活発な意見交換がなされ、イベントは盛況のうちに終了しました。
 

報告書はこちら

神奈川県立大師高等校の「第3回下水道マニア」に協力します

 下水道広報プラットホーム(GKP)は、神奈川県立大師高等学校が実施する夏季連携講座「第3回下水道マニア」に協力します。
 下水道マニアは、高校生に対して下水道を中心とした水環境やキャリア教育の場を提供するもので、平成28年度には国土交通大臣賞を受賞しました。
 今回は、下水道管内調査や汚水等の水質試験、水処理施設の見学等の実体験によって下水処理の仕組みを学んでもらうほか、下水道の“プロ”による講義と交流を通じ、人間の生活による環境への負荷や地球規模の水循環について議論し合う予定です。
 GKPは、GKP団体会員のメタウォーター(株)ならびに管路情報有限責任事業組合の協賛をいただき、「水環境と下水道(栗原企画運営副委員長担当)」、「下水道の広報活動(山田企画運営委員担当)」、「下水道の資源利用(未来会担当)」等の講義を担当します。
【第3回下水道マニア】
主催:神奈川県立大師高等学校
協力:川崎市上下水道局、下水道広報プラットフォーム(GKP)
協賛:メタウォーター梶A管路情報有限責任事業組合他
詳しい授業内容等はこちら

東京都市大学「2月開催 業界研究会」活動報告

 未来会は「下水道の魅力を『学生』に発信し、『未来の下水道パーソン』を発掘する」をコンセプトに大学でのイベント等を通じて下水道界全体のリクルート強化を目的に活動しています。このたび、2月7日に東京都市大学横浜キャンパスで行われた業界研究会に参加しました。同大学の環境学部・メディア情報学部の学部3年生・大学院1年生を主な対象として、下水道業界の概要や求められる人物像などのお話をさせていただきました。
 2016年12月に同大学の世田谷キャンパスで業界研究会を開催しましたが、今回、初めて同大学の文系キャンパスでの開催となりました。私どもにとって、日頃、下水道業界になじみのない文系学生の皆さんに対して広報させていただく貴重な機会となりました。
 春休み中のため、限られた参加者数でありましたが、その分近い距離で交流させていただき、和やかな雰囲気で行われました。参加者の皆さんからは、3月の就職活動開始を間近に控え、熱意が感じられ、GKP未来会としても力のこもった業界研究会となりました。

【開催概要】
日 時:2017年2月7日(火)13:10〜16:00(50分×3回)
場 所:東京都市大学 横浜キャンパス
内 容:以下の内容を3回実施
    ◇「GKP下水道を未来につなげる会」とは/NJS 琴尾
    ◇下水道業界の現状と課題/NJS 榮
    ◇各業種のお仕事紹介
     (1)公務員/川崎市 岩淵
     (2)コンサルタント/日水コン 大原
     (3)メーカー(水処理)/前澤工業 金子
     (4)メーカー(機械・電気制御)/メタウォーター 井出・坂西
     (5)維持管理/ヴェオリア・ジャパン 伊藤
    ◇まとめ・質疑応答
参加者:1回目 5名、2回目 5名、3回目 5名、計15名(男10名、女5名)
報告書(PDF)はこちら
 


「水ビジネスセミナー'16」開催 学生30名に下水道界の魅力を発信

 未来会は『下水道の魅力を「学生」に発信し、「未来の下水道パーソン」を発掘する』をコンセプトに大学でのイベント等を通じて下水道界全体のリクルート強化に向けた活動を展開しています。その活動の一環として、12月3日、茨城大学ならびに福島高専、群馬高専の学生を対象とした「水ビジネスセミナー'16」(於:茨城大学日立キャンパス、日立市池の川処理場)を開催しました。
 当日は大学2年生から博士課程まで計30名の学生に対して普段見ることのない処理場見学やお仕事説明、グループワークを通じて下水道界の魅力を発信し、イメージ改善を図ることができました。また、ゲストとして水の天使須藤櫻子さんといばらき水の天使野上桃子さんも参加し、盛況なイベントとなりました。
 詳細は以下のレポートをご覧ください。
「水ビジネスセミナー'16」のレポートはこちら



ナビゲーション


『下水道の魅力を「学生に発信し、「未来の下水道パーソン」を発掘する』をコンセプトに大学・高専でのイベ ント等を通じて下水道界全体のリクルート強化を目的に活動する行政、民間企業の若手を中心としたチームです。
未来会についてはこちら
「就活をしている皆さん!
□を仕事にしませんか?」はこちら

企業、自治体の皆様、未来会への入会についてはこちら