本文へスキップ

これからの下水道を皆で考える全国ネットワーク

水の天使の活動予定はココをクリック!

日本下水道管路管理業協会 関東支部

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本下水道管路管理業協会関東支部の総会懇親会に司会として登場しました。
 ドレス姿で出席した宮アさんは、司会進行役を務めつつ、歓談の時間には積極的に輪の中に飛び込んで業界のお話に興味しんしんで聞き入りました。
(2017年5月16日)


ビストロ下水道in霧島・鹿児島高専2nd

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、ビストロ下水道in霧島・鹿児島高専2ndに登場しました。
 冒頭、水をイメージして「川の流れのように」をヴァイオリン演奏。続いて、全国的に普及が広がる、下水道汚泥を由来とする低価格高機能肥料を使った作物「ビストロ下水道」について研究結果がレポートされました。
 宮アさんは会のあと、イチゴやお茶など、ビストロ下水道を活用した事例を実地見学。甘さや旨さ、収穫量が向上するという研究レポートを、美味しい味わいで実感しました。(2017年5月10日)


進撃の浦山ダム 第6章

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、埼玉県の浦山ダムで開催されたコスプレ&痛車イベント「進撃の浦山ダム」に登場しました。
 ダムの壁を、コミック「進撃の巨人」に登場する巨壁と見立てて多くのコスプレイヤーが来場し、写真撮影を楽しみました。
 宮アさんは来場者に水資源や水循環についてアピールし、特別開放されたダム内見学ツアーに同行。自らも初めてダム壁内に入り、水がどのように貯められているかを学びました。(2017年4月16日)


伏姫桜 観桜会

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」宮崎あずささんをはじめとする現役ミス日本ならびにOGたちが、全日警の片岡直公会長が主催する観桜会に出席しました。
 威容を誇り「伏し姫」と称される立派な桜を前に、集まった各界の著名人らとともにお花見を楽しみました。(2017年4月4日)


プロジェクトWET「エデュケーター」資格取得

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、河川財団が主催する「プロジェクトWET」の水教育資格「エデュケーター」の資格を取得しました。
 丸一日かけて水教育のアクティブラーニングを学んだ宮アさん。集まった20名の受講者とともに、グループに分かれて指導役・受講者役を交互に繰り返し、水教育技術を修得していきました。
 今後の水の天使の活動に大いに活かしてまいります。(2017年3月26日)


外務省ソーシャルメディア発信者招聘事業 ミスラオス対談

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、外務省ソーシャルメディア発信者招聘事業で来日した、ミスラオスのルクナム女史をお迎えしました。
 この事業は、海外のSNSなどで発信力のある方を日本に招き、彼らに日本の良さを発信してもらう事業です。
 宮アさんからは、ミス日本が目指す美と健康の姿や、水の天使が取り組む日本の水循環の素晴らしさをアピール。
 ルクナム女史からは熱心な質問が飛び出し、お互いの国を良く知るいい機会となりました。(2017年3月21日)


市川環境エンジニアリング 祝賀会

 ミス日本コンテスト大会が掲げる理念に共感し、協賛社として10年以上ミス日本を支えてくださっている市川環境エンジニアリング。
 その石井社長が古希を迎えるにあたって開催されたお祝いの会に、水の天使宮アあずささんらが出席しました。
 挨拶のスピーチでは、グランプリ高田さんから「日本だけでなく東南アジアなどでも環境技術を用いて社会を支えてくださっていることをテレビを通じて知りました。そして皆様のお蔭でミス日本コンテストが支えられているこという事も知り、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とスピーチ。
 花束を贈り、集まった関係者の方々と談笑してお祝いムードを盛り上げました。(2017年3月18日)


第15回ミス日本OG会「やまとなでしこ会」

 歴代ミス日本受賞者によるOG会「やまとなでしこ会」が都内で開催され、受賞者33名が大集合しました。
 近況交換をしたりわきあいあいと旧交を温める時間となりました。
 また、2003年から14年間代表を務め、支えてこられた97GP田村桂子さんから00年GP出川紗織さんに代表のバトンが渡されました。
(2017年3月10日)


芝浦水再生センター 学習視察

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、東京都品川にある芝浦水再生センターに学習視察に出向き、水の天使として水処理の流れをイチから現場で学びなおしました。
 1秒たりとも停止できないインフラとして、働く人々の使命感を感じる現場。今後の活動で関係者の方々の誇りと想いを伝えようと心に誓いました。
(2017年3月9日)


下水道浸水対策ポータルサイト アメッジ 撮影

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、下水道浸水対策ポータルサイト「アメッジ」のイメージキャラクターに起用され、撮影に臨みました。
 アメッジは、下水道の大事な役割の1つである「浸水対策」に関する取組み事例や情報などを手軽に、幅広く紹介するものです。
(2017年3月9日)


今村復興大臣を水の天使とみどりの女神が表敬

 2017年ミス日本「水の天使」の宮アあずささんと、ミス日本みどりの女神の野中葵さんの2人が、今村雅弘復興大臣を表敬訪問しました。
 宮アさんは、佐賀県出身の今村大臣に佐賀市における下水資源利用の取組みとして、季別運転による海苔養殖や下水汚泥の肥料化について紹介。
 ちまたで話題のマンホールカードなど、水循環を人々に再認識してもらう取り組みをお話しました。
 野中さんは、東日本大震災が起きた時の話や、先日福島視察で見聞きした森林関係の復興取り組みを紹介しました。(2017年3月8日)


8月1日水の日ポスター

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、8月1日の水の日に向けて水循環の大切さをお知らせするポスターキャラクターに選ばれ、撮影に臨みました。
 ポスターの掲示は夏ごろにスタート。全国で掲示される予定です。
(2017年3月3日)


外務省 岸田文雄外務大臣表敬訪問

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮崎あずささんら5人の受賞者が、外務省の岸田外務大臣を表敬訪問しました。
 大臣は、民間外交の重要性をお話しくださるとともに、ミス日本のこれからの活躍に対してエールを贈ってくださいました。
(2017年3月2日)


国土交通省 石井啓一大臣を表敬

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、国土交通省の石井啓一大臣を表敬訪問しました。
 水の広報官として今後の活躍が期待される宮崎さんには、大臣からエールが贈られました。また、宮崎さんは役目の全うのため、水について学びを深めて行く事を宣言しました。
 表敬訪問のあとは、各部署をひとつひとつ挨拶して巡りました。(2017年2月21日)


木と住まいの大博覧会

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんと「みどりの女神」の野中葵さんの二人が、東京ビックサイトで開催されたNICE主催「木と住まいの大博覧会」に登場しました。
 会場中に、木造の家のぬくもりや生活のしやすさを紹介。技術革新により、耐震や耐熱についても実現できるようになり、木材の魅力は高まっています。
 ミス日本の二人はノートを片手に会場を学習視察しました。
先輩みどりの女神の飯塚帆南さんはシンポジウムにパネラーとして登壇し、若者目線で林業の魅力や意義をお話しました。(2017年2月5日)


第31回下水道職員健康駅伝大会

 ミス日本「水の日」の宮崎あずささんや、歴代水の天使が集合して駅伝チームを結成。第31回下水道職員健康駅伝大会に出場しました。
 開会式では一人一人が現況報告を兼ねて一言挨拶。これまで下水道の発展に力を尽くした水の天使に、会場中からあたたかい声援があがりました。
 スタートの合図とともに400チーム以上が一斉にスタート。水の天使も一緒に走り、気持ちの良い汗をかきました。
(2017年2月4日)


全国下水道職員研修会「下水道場」

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、全国の若手下水道行政担当職員を集めて行われる下水道場にゲストとして招かれました。
 積極的な意見交換を行ったほか、ワークショップの発表で優秀な成績を収めた方に対して賞状の授与と記念品を贈るプレゼンテーターなどの役割を担いました。(2017年2月3日)


高幡不動尊 節分豆まきの会

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮アあずささんら5人の受賞者たちが、高幡不動尊にて行われた節分豆まき会に、「年男」役で登場しました。
(高幡不動尊は男女問わず「年男」と表記します)
 境内を埋め尽くすほどの人出に圧倒されつつ、5人は一人でも多くの方に福豆を届けるべく「福は内ー」の掛け声とともに腕を振るいました。(2017年2月3日)


オリンピックパラリンピック 丸川珠代大臣表敬

 ミス日本グランプリ高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮アあずささんら2017年の受賞者5名が、オリンピックパラリンピック担当大臣の丸川珠代氏を表敬訪問しました。
 全世界が注目する大イベントの開催に向け、ミス日本も協力していくことをお約束させていただきました。(2017年2月2日)


みなかみスノーシューフェスティバル

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さnが、群馬県みなかみ町の「スノーシューフェスティバル」にゲストとして登場しました。
 この日は地元も驚く超快晴。積もった雪と抜けるような晴天の中、集まった参加者たちは須藤さんとともに銀世界へ。
 走り回ったり、滑り降りたり、子ども達も一緒になってスノーレジャーを楽しみました!
(2017年1月29日)


DHSを用いた水量変動追従型水処理技術実証研究実証施設完成記念式典

 2017ミス日本「水の天使」に選ばれたばかりの宮アあずささんと、任期を終えたばかりの「水の天使」須藤櫻子さんの二人が、下水道革新的技術実証事業「B-DASH」によって完成した施設の記念式典に司会として登場しました。
今回の施設は人口減少社会をにらみ、水処理量を変更することができる仕組みです。
 宮崎さんにとってはすべてが初めての体験ということもあり、先輩水の天使の須藤さんがしっかりサポート。快適で住み良い社会のためにがんばる関係者の姿を目の当たりにし、それを今後伝えていくという水の天使の使命を再認識する機会となりました。(2017年1月25日)


マンホールサミットin埼玉2017

 日本最大のマンホール総合イベント「マンホールサミット」が埼玉県で開催され、ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが司会役を務めました。
 会場に集まったのはなんと3000人で、立ち見がでるほどの満員御礼。
 著名人が登場しないセミナーにおいては異例ともいえる報道マスコミ関係者による取材。
 しかも集まった人たちにも今まであまり知られてこなかったマンホールの歴史や魅力、小ネタが続々と登場し、会場は大きな盛り上がりを見せました。
 須藤さんはわきあいあいのムードそのままに司会を進行。最後は初披露の「マンホールポーズ」を会場全員でキメました。(2017年1月14日)


横浜市上下水道シンポジウム

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、横浜市上下水道シンポジウムに司会として登場しました。
 これまで上下水道の広報活動を通じて学んだ水循環の知識を活かし、パネラーのみなさまの話をしっかり受け止めながら進行役を果たしていました。
(2017年1月13日)


日本下水道施設業協会 平成29年賀詞交歓会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本下水道施設業協会ならびに東京下水道設備協会の賀詞交歓会に司会兼ゲストとして登場しました。
 1年間の活動を通じてすっかり「水の広報官」の貫禄が出てきた須藤さんは、これまでお世話になった方々に積極的にご挨拶し、司会進行も堂々と進めました。(2017年1月6日)


ビストロ下水道推進戦略チーム 第9回会合

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、ビストロ下水道推進戦略チームの第9回会合に登場しました。
 ビストロ下水道とは、下水道から出た資源(処理水、肥料など)を利用して食材を作る取組みで、一般の作物よりも栄養価や味などで上回る結果を残しています。
 この日の会合は秋田県で開催。地元を代表する名産「きりたんぽ」や日本酒など、ビストロ下水道の食材を使った料理が披露され、須藤さんは女将姿に変身して地元メディアにアピールしました。
 会議では同取り組みの一層の推進に向けた話し合いが行われ、須藤さんはその司会役も務めました。(2016年12月15日)


野村IR資産運用フェア2016

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、野村IR資産運用フェア2016にて行われたメタウォーター株式会社の発表に登場し、中村靖代表取締役社長とのトークショーに臨みました。
 1年間の活動を通して目にしてきたメタウォーター社が手掛ける数々の最先端の現場。
 須藤さんがその現場で見聞きしたことを活かして、日本の美しい水を支える方々のPRを精一杯つとめあげました。(2016年12月13日)


エコプロ2016 水をめぐる大冒険

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、エコプロ2016に出展した水循環PRブース「水をめぐる大冒険」に登場しました。
 役割は、水を使うこと、使った水をきれいにすること、その水を自然に還していくことなど、上下水道が24時間365日どんな取り組みをしているのか子ども達に語りかけるものです。
 須藤さんは水の天使として培ってきた知識と水への想いを込め、水を支える人たちの姿をわかりやすくお伝えすることに心を砕きました。
 須藤さんは3日間、延べ500人を超える子ども達とお話しし、やり遂げた達成感でいっぱいでした。(2016年12月8-9日)


GKP水ビジネスセミナー16in茨城大学

 GKP水ビジネスセミナー16in茨城大学に登場したミス日本「水の天使」須藤櫻子さん。
 下水道インフラを将来にわたって支えて行く事は当たり前に大事なことです。
 エネルギー生産や都市鉱山として魅力を増す業界のPRを理系の学生に行うため、関係者一同で発表や率直な意見交換を行いました。
 日頃感じていた「下水道」の印象と、実際の業界の印象ってやっぱり違うんだという事を学生達は肌で感じてくれたようです。(2016年12月3日)


下水道管路管理セミナー&管理技術発表会

 ミス日本「水の天使」須藤櫻子さんが、日本下水道管路管理業協会主催の「下水道管路管理セミナー」および「管理技術発表会」の司会として登場しました。
 日本中で多くの下水道管が耐用年数を迎え、その更新に迫られています。
 この日、新しい検査技術やシステムの発表が行われ、須藤さんは司会をしながら業界の工夫と努力に感心していました。(2016年11月9日)


下水道事業促進全国大会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが下水道事業促進全国大会に出席しました。
 人々の生活を支える基本インフラ・下水道を今後も維持していくための宣言が力強くなされました。
 須藤さんや関係者一同は大会閉幕後、国土交通省や総務省を訪問して陳情活動を行いました。(2016年11月8日)


愛の集いディズニーランド障がい者招待ボランティア開会式

 千葉県「愛の集いディズニーランド障がい者招待ボランティア」の開会式に、ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんはじめ、現役ミス日本やOGが出席しました。
 抜けるような青空となったこの日、集まったボランティア介助者と障がい者の皆さんを元気いっぱいに送り出しました。
(2016年11月6日)


千葉県 水道給水80周年記念フェスティバル

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、千葉県の水道給水80周年を記念して開催されたイベントに登場しました。
 東ティモール大使らも出席しての式典や、流し麺食べ放題、水を身近に感じるイベントが数多く開催されました。
 須藤さんはオープニング式典に登場したほか、こどもたちを対象としたすごろくゲーム企画を準備して発表。今年5月に取得した「プロジェクトWET」資格を活用し、すごろくを通じて水循環を理解するゲームで多くの子ども達が楽しみました。
(2016年10月30日)


平成28年度下水道ふれあいまつり柳島&酒匂

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、神奈川県の柳島と酒匂の下水処理場で開催された下水道ふれあいまつりに司会者として登場しました。
 日頃は県民の暮らしを陰で支える処理場ですが、この日は郷土の伝統文化の発表や、唄やダンスの発表など、にぎやかなお祭り会場に。
 須藤さんは水循環の大切さをPRしながら、元気に司会をこなしました。(2016年10月29日)


管路診断コンサルタント協会 総会懇親会司会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、管路診断コンサルタント協会の総会および懇親会の司会を担当しました。
 会の中盤に設けられた水の天使の挨拶では、これまで経験してきた水循環や下水道の世界に対する想いを披露。
 皆様から大きな拍手をいただき、感無量といった感じでした。(2016年10月28日)


下水道メンテナンス協同組合40周年記念式典

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、京王プラザホテルで開催された下水道メンテナンス協同組合の40周年記念式典に司会として登場しました。
 この日は、華やかなドレス姿で司会進行を担当。また、組合の発展に貢献された関係者の方々に対する花束のプレゼンテーターなども務めました。(2016年8月26日)


下水道施設管理業協会 出前授業in鹿児島

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、下水道施設管理業協会の出前授業講演者として登場しました。
 業界関係者らを前に行われた講演会で、須藤さんは約1年間におよぶ活動体験から、広報活動に特化した内容を披露。
 資格取得を通じた訓練や、子ども達へのアプローチなどの経験談をお話ししました。
(2016年10月22日)


BISTRO下水道in霧島 〜食と下水道の連携〜

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが10月21日、鹿児島県霧島市の鹿児島高専で行われた「BISTRO下水道 〜食と下水道の連携〜」イベントに発表者・パネリストとして登場しました。
 須藤さんは20分間、高専生や地元の方々らに「下水道から生まれる新しい価値」を講演。これまでに見聞きし、感じた事を活かして講演をやり遂げました。
 下水道汚泥を農作業肥料に活用したBISTRO下水道は関心度も高く、この日、収穫された作物を使ったスイーツもメディアの前で初披露されました。
 かねてからスイーツへの活用を提言していた須藤さんは、嬉しそうに試食を楽しみました。(2016年10月21日)


下水道管更生技術施行展2016千葉

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、千葉県印旛沼流域下水道・花見川終末処理場で開催された「下水道管更生技術施行展」に登場しました。
 式典の司会や、視察ツアーへの参加などを通じて、今後対策が急がれる下水道管の更生方法について見聞を深めました。
(2016年10月20日)


福島南会津町 快適生活下水道フォーラム2016

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、福島の南会津町で開催された「快適生活下水道フォーラム2016」に登場しました。
 子ども達に大人気のさかなクンや、今年エベレスト登頂を果たしたタレントのなすびさんとのトークショーを通じて、集まったたくさんの方々に水の循環や下水道の大切さなどをアピールしました。(2016年10月9日)


お月見の宴

 ミス日本コンテスト大会協賛スポンサーの株式会社全日警の会長:片岡直公氏を亭主とするお月見の宴「望月会」が千葉県市川市の真間山弘法寺にて開催されました。
 今年のミス日本ならびにミス日本のOGたちが艶やか振袖姿で出席。 千葉県知事の森田健作氏やプロ野球の金田正一氏・桑田真澄氏ら各界の著名人も参加され、歓談を楽しみました。
 天候も良く、まんまるで明るいお月様のもと、狂言を鑑賞するなど文化的な夜に酔いしれました。(2016年9月15日)


こだいら環境フェスティバル ふれあい下水道イベント

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、東京都小平市で行われた「こだいら環境フェスティバル ふれあい下水道イベント」に登場しました。
 ステージトークショーや、日本で唯一、実際に使われている下水道管に潜ることができる大深度地下施設を巡るツアー解説を担当。
 また、春に取得した資格「ウォーターエデュケーター」を活かして、子供向けゲームイベント「水の天使と学ぶ人間スゴロク」を実施しました。
 この日は、定員を上回る30名の子供たちが参加。須藤さんはスゴロクゲームを通じて、子供達に水循環をやさしく語りかけました。(2016年9月10日)


循環のみち下水道賞表彰式と下水道場

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、国土交通省で行われた「循環のみち下水道賞」の発表表彰式の司会として登場しました。
 日の丸が掲げられた舞台に、国土交通大臣から直接表彰状が読み上げ贈呈される厳粛なムード。須藤さんはこれまでの経験を活かして自然体でやり遂げました。
 表彰式の後は、全国の自治体若手職員による勉強会「下水道場」にゲスト参加。実際の行政課題に対してどんな手法で解決を目指すのかの真剣な討議に、須藤さんは行政人の誇りを垣間見ました。
(2016年9月9日)


福島市 下水道工事事故防止対策研修会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、福島市で開催された業界向け研修会「下水道工事事故防止対策研修会」に出席し、1時間の講演を行いました。
 冒頭20分でミス日本コンテストの成り立ちや、水の天使が担う「広報官」としての役割について話したあと、これまで出演してきたイベントや式典等を紹介しながら「一般の方に価値を伝えることの大切さ」を強調しました。
 須藤さんは自身の活動事例だけでなく、広報的にどういう影響があったかや、どんな課題があったかを女性目線で紹介。
 大好評のうちにタイムリミットがやってきて、大きな拍手を受けた須藤さんは笑顔でいっぱいでした。(2016年8月26日)


スポーツニッポンフォーラム

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんと、みどりの女神の飯塚帆南さんが、スポーツニッポン新聞社主催のスポニチフォーラムにゲスト出演しました。
 「リオの風はパラリンピックへ」と題し二宮清純氏、日本パラリンピック委員会・中森邦男事務局長、車いすバスケ日本代表・京谷和幸アシスタントコーチらがディスカッション。
 来賓を代表して登壇された男子7人制ラグビー日本代表の瀬川智広監督は、リオ五輪の結果を報告。惜しくも4位で終わりましたが、ニュージーランドを下す歴史的大金星の勝負についてお話しされました。
 ミス日本の二人はドレス姿で登場し、歓談を楽しんだ様子でした。
(2016年8月24日)


山の日イベントin谷川岳

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが山の日を記念して開催された山の日イベントin谷川岳に出演しました。
 この日はJRの臨時列車「山の日 谷川岳号」が走ったこともあって、大勢の登山客が来訪。無料の解説ガイドが付くハイキングツアーやスタンプラリーが開催されたほか、「安全登山・鎮魂の鐘」のお披露目などが行われました。
 スペシャルゲストとして登場した須藤櫻子さんは、オープニングイベントで挨拶し、お披露目された鎮魂の鐘に安全祈願。その後、ツアーのゴール地点「虹芝寮」に先回りし、ハイキングで来場された方々をコーヒーと特製山盛りスイーツでお迎えしました。コーヒーとスイーツを手にした皆さんは、予想外の量と美味しさに目を丸くして驚き、喜んでいただいた様子でした。(2016年8月11日)


第40回「水の日」記念行事 水を考える集い

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、第40回「水の日」記念行事・水を考える集いに出席しました。
 この日は皇太子殿下もご臨席され、厳粛な式典でした。
 水関連事業の功労者が紹介されたほか、須藤さんは全日本中学生・水の作文コンクールの表彰式をお手伝いするなどしました。
(2016年8月1日)


下水道多国間レセプション

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、下水道展’16名古屋にあわせて開催された「下水道多国間レセプション」に英語司会として登場しました。
 海外のVIPや政府関係者を前に、振袖姿で現れた須藤さん。
 記念撮影や歓談の時間を楽しく過ごし、日本の下水道技術の高さをPRしました。
(2016年7月28日)


くらしを支える底力 下水道展’16名古屋

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんと、14年度水の天使の臼田美咲さんが、名古屋で開催された下水道展’16in名古屋に登場しました。
 アジア最大級の水の展示会という事もあり、会場中に日本の最先端の技術や取り組みが紹介されています。
 二人は、オープニング式典やステージイベントを盛り上げたほか、空いた時間には各ブースを訪問して勉強に励みました。(2016年7月26日)


レインボータウンエフエム出演

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、東京都江戸川区「レインボータウンFM」に出演しました。
 お昼から始まる番組「大江戸ワイド Super Saturday」のゲストとして登場し、水循環の大切さなどについて自身の体験談を交えながら楽しくお話ししました。
(2016年7月16日)


日本河川協会 虫明会長インタビュー

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日刊建設通信新聞社の8月1日水の日特集号のインタビューを行うため、日本河川協会の虫明会長を訪ねました。
 「100年に一度の災害に耐えられる構造物を作っても、温暖化や気象変化によって前提が変わってしまうと、10年に一度しか耐えられない構造物になってしまう場合がある」。
 目を丸くしてしまうような話の数々に驚きながら、会長のお話に聞き入っていました。(2016年7月15日)


水道運営管理協会 第6回定時社員総会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、水道運営管理協会の第6回定時社員総会 講演会&懇親会の進行司会を務めました。
 一年の総決算に集まった会員の方々にお話を伺い、上水道の運営の業界話を興味深く聞き入っておりました。
(2016年7月14日)


下水道の日 ポスター撮影

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、「9月10日・下水道の日」に向けて、全国に掲示されるポスターのモデルに抜擢され、撮影に臨みました。
 下水道の日のポスターは9月から全国で一斉に掲示される予定です。どんな仕上がりになったのでしょうか。どうぞお楽しみに。
(2016年7月14日)


立会川・勝島運河環境美化運動20周年記念式

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、品川区の立会川・勝島運河の環境美化運動20周年記念式に司会として登場しました。
 20年間、周辺美化に務めてきた方々の功績により、通学路にも重なる一帯はゴミのポイ捨てもなく、非常にきれいに保たれています。
 須藤さんは記念パレードに参加し、一緒にゴミを拾いつつ、美化運動への参加を呼びかけました。(2016年7月5日)


谷川岳エコツアーフェスティバル

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、谷川岳エコツアーフェスティバルにゲストハイカーとして出席しました。
 集まった方々と一緒に一の倉沢のハイキングコースを歩き、道中、ガイドの方から野草や鳥達の生態について解説を受けるなど、多くのことを学んだ様子の須藤さん。
 ゴール地点では眼前に広がる岸壁の迫力に圧倒され、自然の偉大さを改めて感じる機会となりました。
 また、お昼は楽しくお弁当をいただき、谷川岳の魅力を満喫した一日でした。
(2016年7月2日)


日本レジン製品協会 定時総会懇親会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本レジン製品協会の定時総会における講演会と懇親会の司会を務めました。
 産経新聞論説委員の阿比留瑠比氏による講演の後、懇親会でも司会を務め、須藤さんは歓談の時間に多くの方々と交流しました。
(2016年6月29日)


日本下水道協会定時総会・意見交換会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本下水道協会の第5回定時総会・意見交換会の司会を務めました。
 ドレス姿で登場した須藤さんは、下水道界で様々な貢献をされている方々と交流。
 最近の水の天使の活動や、その活動現場で見聞きして感じた事などをお話し、アドバイスを貰ったりしておりました。
(2016年6月24日)


日本グラウンドマンホール工業会 総会懇親会司会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本グラウンドマンホール工業会の総会懇親会の司会進行を務めました。
 ドレス姿で登場した須藤さんは、会を粛々と進行。懇親の場では出席者の輪に入って、自らがこれまで見聞きした水循環の世界などについて意見を交換しました。
(2016年6月13日)


GKP下水道広報プラットホーム 総会司会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、下水道広報プラットホーム(GKP)の総会において司会進行を務めました。
 GKPの一年間の取り組みや今後の活動目標などが示される中、須藤さんは司会を進めながら下水道を取り巻く最新の動向を興味深く学ぶ機会となりました。
(2016年6月8日)


第5回 日本下水道施設管理業協会定時社員総会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本下水道施設管理業協会の定時社員総会の講演会および懇親会において司会進行役を務めました。
 この日、ドレス姿で登場した須藤さん。懇親会では出席された方々との談笑の時間は途切れることが全くないほどの人気振りでした。
(2016年5月31日)


B-DASH実証システム稼動記念式in富山

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、富山市にて行われた「都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術実証システム稼動記念式典」に司会として登場しました。
 前日の福井市に続き、富山市でも同システムが稼動開始し、それを記念した式典となります。
 須藤さんは式典の司会のあと、現場施設のバスツアーにも案内役として登場し、地元マスメディア担当者らと共に視察して廻りました。
(2016年5月25日)


B-DASH実証システム稼動記念式in福井

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、福井市で行われた「都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術実証システム稼動記念式典」に司会として登場しました。
 このシステムはゲリラ豪雨などの突発的な降雨を1時間前に予測する技術で、都市内における浸水氾濫の範囲も確実に予測するそうです。このため、万一の場合、住民の皆さん自ら対策を講じる時間が得られるなど、安全向上が期待できます。
 須藤さんは式典の司会のあと、現場施設のバスツアーにも案内役として登場し、地元マスメディア担当者らと共に視察して廻りました。
(2016年5月24日)


山歩みち 谷川岳特集の取材

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、山岳雑誌「山歩みち」の取材撮影のため、群馬県みなかみ村を訪れました。
 山ガール衣装に身をつつみ、一の倉沢のハイキングや、谷川岳の登山の様子を撮影。体力に自信のある須藤さんは、頂上まで元気にのぼることができました。
 また、ラフティングなどの登山以外のレジャーもあわせて体験取材し、山のアソビを目一杯楽しんだ様子でした。
 冊子は6月下旬から全国のアウトドア関連ショップに置かれます。(2016年5月19日)


神田下水を視察

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、東京都で最も早くに整備され、一部は現在も現役稼動している「神田下水道」の視察見学会に参加しました。
 この日、初めて地下に拡がる世界を体験した須藤さん。普段こうした場所で働く方々に思いを馳せて、生活を支えてくれている方々への感謝の気持ちを新たにしました。
(2016年5月18日)


日本下水道管路管理業協会 懇親会司会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本下水道管路管理業協会の関東支部懇親会に出席しました。
 この日は、たくさんの出席者を前に司会を務めた須藤さん。懇親会の中では、長年務め上げたベテラン会員さんへの花束贈呈などが行われました。
(2016年5月12日)


プロジェクトWET ウォーターエデュケーター資格取得

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、公益財団法人河川財団が主催するプロジェクトWET「ウォーターエデュケーター」の資格取得に臨みました。
 須藤さんは水の循環への理解を深め、楽しく学ぶ方法について自らも実践して身につけていきました。
(2016年5月1日)


丸川珠代 環境大臣を表敬訪問

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、丸川珠代環境大臣を表敬訪問しました。
 須藤さんは、環境省が推し進めるCO2削減対策に、下水道の様々な施設や取り組みが貢献していることを紹介。
 丸川大臣の出身地である神戸市でその最先端の技術が稼動していることなどに、大変驚かれた様子でした。(2016年4月25日)


進撃の浦山ダム 第4章

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、秩父の浦山ダムで行われた「進撃の浦山ダム 第4章」に出席しました。
 「進撃の巨人」とのコラボイベントとしてコスプレイヤーや痛車(キャラクターのイラストなどで装飾した自動車)が集結する中、水の循環をPR。
 須藤さんは名物のダムカレーを頂いたり、ダムの施設を見学したり、楽しい時間を過ごしました。(2016年4月17日)


高槻市ウォータープラザリニューアル式典

 千葉県のミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、大阪府高槻市ウォータープラザのリニューアルオープン式典に出席しました。
 この日は、小学生達とともにテープカットに参加。
 水の天使としてこれまでに学んだことを活かし、地元小学生らに水をきれいにする仕組みなどをわかりやすく紹介しました。
(2016年4月6日)


お花見の宴

 千葉県の真間山で開催された、銘木「伏姫桜」の満開を祝してお花見の宴が開催され、ミス日本が招待を受けて出席しました。
 弘法寺の伏姫桜は推定樹齢約400年の枝垂れ桜として知られ、この他にも約200本の桜があります。
 会場には各会の著名人らが集い、現役のミス日本やOGたちは桜を観ながら楽しい交流の時間を過ごしました。(2016年4月4日)


浸水対策ポータルサイト「アメッジ」イメージキャラクター


 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、下水道浸水対策ポータルサイト「アメッジ」のイメージキャラクターに起用されました。(2016年3月31日)

ミス日本OG やまとなでしこ会

 ミス日本OG会「やまとなでしこ会」が開催され、若い世代を中心に歴代ミス日本が旧交を温める機会がもたれました。
 1月にOGとなった15年度ミス日本の6名が幹事役です。
 参加したミス日本たちからは、現在の生活や取り組む事業、新しい目標への宣言や、結婚・出産など、近況報告が行われ、楽しい談笑の時間となりました。
(2016年3月27日)

国際森林デー2016 緑の地球を未来へ

 国連が定める「国際森林デー」を記念して、2020東京オリンピック競技開催予定地でもあるお台場「海の森」の植樹イベントに、ミス日本みどりの女神の飯塚帆南さんと、水の天使の須藤櫻子さん、ミス着物の織茂璃穏さん、準ミス日本の谷本英理子さんの4名が出席しました。
 4人は、参加した外国人留学生や地元の学生らとともに楽しく植樹。
 特に、飯塚さんは得意の英語力と、かつて通訳スタッフをしていた経験を活かして、英語での全体進行を担当。
 参加された世界各国の大使のスピーチ翻訳や、植樹時の外国人との交流など、自らコミュニケーションの先頭として大活躍しました。(2016年3月26日)

ニュース東京の下水道

 2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、東京都下水道局が発行するフリーペーパー「ニュース東京の下水道」の表紙の撮影に臨みました。
 須藤さんが表紙のフリーペーパーは新年度より、都営線各駅や都内の公的施設に置かれる予定です。
(2016年3月22日)

渋谷駅前 春の小川パレード

 2015年度ミス日本「水の天使」の柴田美奈さんが、渋谷川の復活を願って行われる「春の小川パレード」に参加しました。
 童謡「春の小川」のモデルとなった渋谷川は渋谷駅前を流れていますが、今は道路によって蓋をされた状態です。新国立競技場や渋谷駅前開発を契機に、川を都市に組み込むことをアピールします。
 普段は混雑する渋谷駅前スクランブル交差点を、春の小川のメロディーとともに歩きました。
(2016年3月20日)

マンホールサミット2016

 2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんと、15年度柴田美奈さん、14年度臼田美咲さんの3人が、東京・秋葉原で開催された「マンホールサミット2016」に登場しました。
 3人はリレートークにおいて、これまでの活動でマンホールへの見方がどう変わったか、実際に見聞きした体験を通じて下水道に対する想いがどう変わったか、などを発表。約300人の聴衆の方々に、日々インフラを支える方々の努力をお話しました。
 このほか、記念撮影や取材対応などもあって、とても楽しい出演となりました。

(2016年3月19日)

安倍昭恵夫人を表敬訪問

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、安倍内閣総理大臣の奥様、安倍昭恵夫人を表敬するため、総理公邸を訪問しました。
 須藤さんは都市における水循環において、エネルギーや資源などで目覚しい進化を遂げている下水道の取り組みを紹介。
 農作物に高付加価値を与える肥料が下水道から格安で生産でき、それを使って収穫する「ビストロ下水道」の取り組みをご紹介すると、昭恵夫人は大変驚いたご様子でした。
 須動さんからは、同じくビストロ下水道で高級品に成長した佐賀の海苔をプレゼント。
 水の大切さについて意見交換を行いました。
(2016年3月17日)

厚生労働省を水の天使が表敬

 2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが厚生労働省水道部を表敬訪問し、水行政担当の太田房江厚生労働大臣政務官に笑顔でお迎えいただきました。
 お話の中で、世界最高水準の日本の水道をこれからも維持していくために、沢山の方々が昼夜を問わず、管理と技術向上に取り組んでいることを再認識。
 太田政務官から水の天使の役割に期待とエールをいただきました。
(2016年3月15日)

水の日ポスター撮影

 8月1日の「水の日」を記念し、水循環の大切さなどを訴えるポスターのキャラクターにミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが起用されました。
 撮影に臨んだ須藤さんは、清々しい白の浴衣姿などを披露しました。どのような仕上がりになるのか、今から完成が楽しみです!

(2016年3月9日)

新旧ミス日本「水の天使」の座談会

 16年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんと、15年度ミス日本「水の天使」の柴田美奈さんが、水道産業新聞社の企画による対談取材に臨みました。
 1年間任期を務め上げた柴田さんからアドバイスを受ける須藤さん。任期が始まったばかりですが、水循環の世界の面白さに二人はうなずきあいながら楽しく取材の時間は進んでいきました。(2016年3月7日)

ミス日本のバレンタインボランティア

 ミス日本は毎年、バレンタインデーのシーズンになると、高齢者福祉施設や児童養護施設などを訪問し、施設の方々にチョコレートを手渡しでプレゼントする活動を行っています。
 今年は2月12日(金)、ミス日本「水の天使」須藤櫻子さんたちが高齢者福祉施設等を訪問し、手書きのメッセージカードが入ったチョコレートをプレゼントさせていただきました。

(2016年2月12日)

国土交通大臣を表敬訪問

 2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが国土交通省を訪問し、石井啓一国土交通大臣を表敬訪問しました。
 須藤さんは、「水の天使として、上下水道の価値を自信も学びながら楽しんで発信していきたい」と抱負を述べるなど、大臣と熱のこもったお話をしました。

(2016年2月10日)

第30回下水道職員健康駅伝大会

 第30回下水道職員健康駅伝大会が日産スタジアムで開催され、2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんを含めた歴代「水の天使」が登場しました。
「水の天使チーム」が結成。開会式でマイクをもった須藤さんが元気に挨拶すると、数千人の参加者からの拍手が巻き起こりました。
 水の天使チームは、全国から集った下水道職員に混じって、横浜を快走しました。
(2016年2月6日)

高幡不動尊で節分

 毎年恒例、日野市高幡不動尊にて節分の豆まき会が行われ、ミス日本グランプリの松野未佳さんやミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんら6名のミス日本があでやかな振袖に裃姿で登場しました。
 6人揃っての初仕事。境内を埋め尽くすほど集まった観衆に向けて、みんなで元気に福豆をお届けしました。

(2016年2月3日)

管路管理技師のポスター撮影

 2016年度ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、公益社団法人日本下水道管路管理業協会による資格制度PRポスターの撮影に臨みました。
 研修用施設を借り切って行われた撮影では、普段着での撮影の他、作業ウェアに着替えてマンホールに入ってみたり、ロボットと一緒に撮影したり、初めての撮影は楽しい雰囲気の中で行われました。
(2016年2月2日)

水の天使 活動予定

   
   
   
   

す明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。


information

事務局へのお問合せはこちら

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-10-12
(公益社団法人日本下水道協会内)
 TEL.03-6206-0205
 FAX.03-6206-0265





著作権について

当ページに記載してある記事や写真は、ミス日本コンテスト事務局の著作物であり、日本の著作権法や国際条約などで保護されています。著作権者の承諾なく転載・使用することを固く禁じます。

アーカイブ

・2013年活動レポート
・2014年活動レポート
・2015年活動レポート