本文へスキップ

これからの下水道を皆で考える全国ネットワーク

水の天使の活動予定はココをクリック!

8月1日 水の日ポスター

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、8月1日の「水の日」を記念して企画されたポスターのキャラクターに起用されました。
 本ポスターは、全国各地の水関連施設や、電車などの公共交通機関などに掲示されています。ぜひ、多くの市民の皆さんにご覧いただき、水とのかかわりを考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。
(2017年8月1日)


平成29年度下水道研究会議設立50周年記念総会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、横須賀市主宰の平成29年度下水道研究会議設立50周年記念総会に司会役・パネラー役・演奏ゲストとして出席しました。
 市民の生活や都市の安全、利便性の発展に貢献してきた下水道。パネルディスカッションに参加した宮アさんは、水の天使として得た気付き、下水道の価値をもっともっと広めることの大事さをお話ししました。
 また懇親会では、得意のヴァイオリン演奏を披露。交流会では多くの方々に囲まれて和やかな時間を過ごしました。(2017年7月31日)


8月1日 水の日PRキャラバン

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、8月1日の水の日に合わせて同日開催される「水を考えるつどい」をアピールするため、報道各社にてPR活動を行いました。
 当日の活動の様子は、翌日の朝日新聞やスポニチなど、さまざまなメディアで紹介されました。(2017年7月24日)


静岡森林管理署1日署長・世界遺産富士山の清掃登山・入山料理解促進PR

 静岡森林管理署の1日署長にミス日本みどりの女神の野中葵さんが任命され、「水の天使」宮アあずささんを含むミス日本の現役・OGら合計6名によって、富士山の登山口や山頂等で、世界遺産富士山の保全・清掃の呼びかけを行いました。
 世界遺産の富士山を美しい姿で未来に引き継ぐためには、登山者一人ひとりの協力が欠かせません。特にゴミ問題は、富士山を愛する日本人全員の課題といえます。
 ミス日本たちはご来光を向かえた後の登山客ら数百人に対し、大きな声で呼びかけ活動を行いました。その様子は朝日新聞などで紹介されています。
(2017年7月21日)


国土交通省取材ツアー 水を探すたび

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、国土交通省主宰のSNS発信者向けツアー「水を探すたび」に同行し取材参加しました。
 ツアーにはSNSで発信する方々らが参加し、水にまつわる場所として浦山ダムと利根大堰を訪問。この2つの施設がどれだけ関東の水利用を支え、洪水や大雨から護り、そして都市の発展をサポートしてきたかが紹介されました。
 また、近年注目されている「ダムカレー」や「ダムカード」なども紹介され、宮アさんはダムカレーを美味しくいただきました。(2017年7月20日)


9月10日下水道の日ポスター撮影

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、9月10日の下水道の日を記念したポスター撮影に臨みました。
 ポスターは9月から全国の自治体で掲示される予定です。下水道事業促進の一助になれば幸いです。
(2017年7月14日)


G&U技術研究センター 学習見学

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、川越にあるG&U技術研究センターに学習見学に訪れました。
 近年のゲリラ豪雨は、マンホールの浮上などの現象を引き起こすことがあります。G&U技術研究センターでは、このメカニズムの解明や、マンホールの耐久力等の性能向上についての研究が行われています。
 宮アさんは最新の研究の現場を目の当たりにし、地下世界でどんなことが起きていて、それに対して研究者のどんな努力が積み重ねられているかを知る事ができました。(2017年7月10日)


TGS東京下水道サービス連絡協議会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、TGS東京下水道サービスの連絡協議会に司会役として登場しました。
 この会で行われた講演にはミス日本コンテスト事務局チーフマネジャーの和田あいさんが登壇。ミス日本の理念や目的、そして次の世代のリーダーを生み出すための取り組みについてを紹介しました。
 懇親会では、ミス日本が単なる美人コンテストではなく、日本社会を良くするための育成事業の側面があることを知った皆様から高い評価をいただき、水の天使の更なる活躍に弾みがつきました。(2017年7月7日)


GKP下水道広報プラットホーム 総会司会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、GKP下水道広報プラットホームの定時総会の司会として登場しました。
 下水道は近年、テレビや新聞雑誌などの報道を通して、そのの価値に注目が集まってきています。GKPの総会では、これまでの活動成果を振り返りつつ、今後の広報活動の方針が示されました。
 総会の司会役として登場した宮アさんは、同業ライバル社の垣根を越えて集まった方々と共にこれまでの活動を報告したほか、新しい業界の動きなどについて学びました。(2017年7月6日)


7月2日 谷川岳ポスター

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、群馬県谷川岳のポスターキャラクターに起用されました。
 谷川岳といえば、日本百名山のひとつに数えられる群馬県を代表する観光の名所です。宮アさんが登場するポスターは約1年間、群馬県の各所や、全国の山岳ショップなどに掲示される予定です!ぜひ、ご覧ください。
(2017年7月2日)


鉄道わくわくフェスティバルみなかみ

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、群馬県みなかみ町で開催された鉄道わくわくフェスティバルに司会として登場しました。
 みなかみ町にはSL機関車が現在でも走っています。古き良き鉄道の魅力を紹介する本イベント。当日はあいにくの雨模様でしたが、SLは元気に水蒸気の煙を上げ、集まった観光客の気持ちを沸かしていました。(2017年7月1日)


日本下水道協会総会 水の天使カルテット初お披露目

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本下水道協会の総会意見交換会にドレス姿で登場し、業界内の音楽経験者三名と弦楽カルテットを組み、演奏を披露しました。
 宮アさんはプロは、これまでヴァイオリンの演奏会で金賞などを受賞するほどの腕前。この日は国土交通省下水道部がプロデューサーを務め、業界内から弦楽演奏に精通した三名を選抜しました。
 演目はアイネ・クライネ・ナハトムジーク。会場に集まった下水道業界の方々は、格式の高い演奏に満足顔でした。(2017年6月30日)


日本下水道事業団 JS研修アセットマネジメント管理者研修 特別講演

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本下水道事業団主宰の管理者研修において、特別講師として「下水道広報の大切さ」について講演を行いました。
 全国の下水道管理者が集まるこの研修にて、宮アさんはこれまで経験してきた下水道の魅力や価値を熱弁。特に、現場で頑張る方々の普段の努力が、わたしたちの生活に欠かすことができないものであることを実感した体験談を披露し、業界の努力と魅力をもっと多くの方々に発信していくことの重要性を訴えました。
 聴講された管理者の方々は、これまで以上に魅力的な広報を展開することの大切さに納得していた様子でした。(2017年6月29日)


水道運営管理協会 第7回定時社員総会意見交換会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、水道運営管理協会の第7回定時社員総会意見交換会に司会役として出席しました。
 日ごろ下水道関係の出演が多い水の天使ですが、今回は上水道に関する方々との接点ということで、司会以外の時間は積極的に交流し、上水道の現場のお話をたくさん吸収する機会となりました。(2017年6月22日)


日本グラウンドマンホール工業会 定時総会懇親会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本グラウンドマンホール工業会の定時総会懇親会の司会役を務めました。
 業界の方々との貴重な交流の時間を過ごした宮アさん。これまで学んできたことを踏まえて情報交換を積極的に行い、自身のレベルアップを感じる機会となりました。
(2017年6月14日)


ISPS HANDA DAY 東京ヴェルディVS名古屋グランパス 応援団

 ミス日本グランプリの高田紫帆さん、「水の天使」宮アあずささん、準ミス日本の宮西伽奈さんの三人が、サッカーJ2リーグの東京ヴェルディVS名古屋グランパス戦に応援団として登場しました。
 ISPS国際スポーツ振興協会によるスペシャルマッチとして開催された本試合で、三人はキックオフセレモニーに参加。試合が始まると大きな声援をおくり、選手を応援しました!(2017年6月10日)


江戸まち通信 取材撮影

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、地域コミュニティ冊子「江戸まち通信」の取材を受けました。
 下水道展'17東京の開催に合わせて実施された本取材。下水道がとてもわかりやすく体験学習できる東京都下水道局「虹の下水道館」で実施されました。
 完成した冊子は江戸川区を中心に、観光施設や駅に置かれます。(2017年6月8日)


日本洗浄技能開発協会 総会懇親会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本洗浄技能開発協会の懇親会の司会を務めました。
 さまざまな産業に欠かせない「洗浄」の世界。宮アさんは白いスーツで司会を進行した後、ドレスに着替えて懇親会にも参加し、来場された洗浄界の方々のお話を聞いて見聞を広めました。(2017年6月6日)


みんなでつくる水源の森 東京都水道局

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、立川タクロス広場で開催されたイベント「みんなでつくる水源の森」の司会とパネラーを務めました。
 日本は豊かな水資源に恵まれた国ですが、それは豊かな山々を中心とした水源林のお蔭ともいえます。宮アさんは、水源林の大切さと、後世にそれを残すために欠かせない「一人一人の協力」の重要性を学び、駅前に広場に集まった多くの方々に呼びかけました。
(2017年6月3日)


第24回日本下水道管路管理業協会中部支部 全体会議・懇親会

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本下水道管路管理業協会の中部支部全体会議・懇親会の進行司会を務めました。
 ドレス姿で登場した宮アさんは、普段なかなか話すことができない地方の現場の方々と交流。下水道管路施設を管理する上での苦労話など、興味深くお話を聞き、見聞を広めました。
(2017年5月25日)


山岳フリーペーパー「山歩みち」 谷川岳撮影登山

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、山岳フリーペーパー「山歩みち」の取材のため、谷川岳へと赴きました。
 全身を【ミレー】社のアウトドアウェアに身を包んだ宮アさんは、山登りだけでなく、谷川岳が湛える豊富な水資源を活かしたカヌー体験などのアソビを満喫!天候も最高に晴れ渡る中で、撮影が行われました。
 7月からの夏のシーズンに、全国のアウトドアショップに冊子が置かれます。
(2017年5月18日)


スポーツニッポンフォーラム

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんと「水の天使」宮アあずささんが、スポーツニッポンフォーラムに出席しました。
 華やかな交流会にドレス姿で登場した二人。この日のテーマだった日本サッカーについて、アナウンサーやスポーツライターなどの著名な方々からお話を伺いました。
 日本サッカーは、J1、J2以下、さらに下位のリーグやU-20のワールドカップ開幕など、2020年に向けて盛り上がりをみせています!!
 当日の様子はスポニチ紙面に写真入りで掲載されました。(2017年5月17日)


日本下水道管路管理業協会 関東支部

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、日本下水道管路管理業協会関東支部の総会懇親会に司会として登場しました。
 ドレス姿で出席した宮アさんは、司会進行役を務めつつ、歓談の時間には積極的に輪の中に飛び込んで業界のお話に興味しんしんで聞き入りました。
(2017年5月16日)


ビストロ下水道in霧島・鹿児島高専2nd

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、ビストロ下水道in霧島・鹿児島高専2ndに登場しました。
 冒頭、水をイメージして「川の流れのように」をヴァイオリン演奏。続いて、全国的に普及が広がる、下水道汚泥を由来とする低価格高機能肥料を使った作物「ビストロ下水道」について研究結果がレポートされました。
 宮アさんは会のあと、イチゴやお茶など、ビストロ下水道を活用した事例を実地見学。甘さや旨さ、収穫量が向上するという研究レポートを、美味しい味わいで実感しました。(2017年5月10日)


進撃の浦山ダム 第6章

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、埼玉県の浦山ダムで開催されたコスプレ&痛車イベント「進撃の浦山ダム」に登場しました。
 ダムの壁を、コミック「進撃の巨人」に登場する巨壁と見立てて多くのコスプレイヤーが来場し、写真撮影を楽しみました。
 宮アさんは来場者に水資源や水循環についてアピールし、特別開放されたダム内見学ツアーに同行。自らも初めてダム壁内に入り、水がどのように貯められているかを学びました。(2017年4月16日)


伏姫桜 観桜会

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」宮崎あずささんをはじめとする現役ミス日本ならびにOGたちが、全日警の片岡直公会長が主催する観桜会に出席しました。
 威容を誇り「伏し姫」と称される立派な桜を前に、集まった各界の著名人らとともにお花見を楽しみました。(2017年4月4日)


プロジェクトWET「エデュケーター」資格取得

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、河川財団が主催する「プロジェクトWET」の水教育資格「エデュケーター」の資格を取得しました。
 丸一日かけて水教育のアクティブラーニングを学んだ宮アさん。集まった20名の受講者とともに、グループに分かれて指導役・受講者役を交互に繰り返し、水教育技術を修得していきました。
 今後の水の天使の活動に大いに活かしてまいります。(2017年3月26日)


外務省ソーシャルメディア発信者招聘事業 ミスラオス対談

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、外務省ソーシャルメディア発信者招聘事業で来日した、ミスラオスのルクナム女史をお迎えしました。
 この事業は、海外のSNSなどで発信力のある方を日本に招き、彼らに日本の良さを発信してもらう事業です。
 宮アさんからは、ミス日本が目指す美と健康の姿や、水の天使が取り組む日本の水循環の素晴らしさをアピール。
 ルクナム女史からは熱心な質問が飛び出し、お互いの国を良く知るいい機会となりました。(2017年3月21日)


市川環境エンジニアリング 祝賀会

 ミス日本コンテスト大会が掲げる理念に共感し、協賛社として10年以上ミス日本を支えてくださっている市川環境エンジニアリング。
 その石井社長が古希を迎えるにあたって開催されたお祝いの会に、水の天使宮アあずささんらが出席しました。
 挨拶のスピーチでは、グランプリ高田さんから「日本だけでなく東南アジアなどでも環境技術を用いて社会を支えてくださっていることをテレビを通じて知りました。そして皆様のお蔭でミス日本コンテストが支えられているこという事も知り、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とスピーチ。
 花束を贈り、集まった関係者の方々と談笑してお祝いムードを盛り上げました。(2017年3月18日)


第15回ミス日本OG会「やまとなでしこ会」

 歴代ミス日本受賞者によるOG会「やまとなでしこ会」が都内で開催され、受賞者33名が大集合しました。
 近況交換をしたりわきあいあいと旧交を温める時間となりました。
 また、2003年から14年間代表を務め、支えてこられた97GP田村桂子さんから00年GP出川紗織さんに代表のバトンが渡されました。
(2017年3月10日)


芝浦水再生センター 学習視察

 ミス日本「水の天使」の宮アあずささんが、東京都品川にある芝浦水再生センターに学習視察に出向き、水の天使として水処理の流れをイチから現場で学びなおしました。
 1秒たりとも停止できないインフラとして、働く人々の使命感を感じる現場。今後の活動で関係者の方々の誇りと想いを伝えようと心に誓いました。
(2017年3月9日)


下水道浸水対策ポータルサイト アメッジ 撮影

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、下水道浸水対策ポータルサイト「アメッジ」のイメージキャラクターに起用され、撮影に臨みました。
 アメッジは、下水道の大事な役割の1つである「浸水対策」に関する取組み事例や情報などを手軽に、幅広く紹介するものです。
(2017年3月9日)


今村復興大臣を水の天使とみどりの女神が表敬

 2017年ミス日本「水の天使」の宮アあずささんと、ミス日本みどりの女神の野中葵さんの2人が、今村雅弘復興大臣を表敬訪問しました。
 宮アさんは、佐賀県出身の今村大臣に佐賀市における下水資源利用の取組みとして、季別運転による海苔養殖や下水汚泥の肥料化について紹介。
 ちまたで話題のマンホールカードなど、水循環を人々に再認識してもらう取り組みをお話しました。
 野中さんは、東日本大震災が起きた時の話や、先日福島視察で見聞きした森林関係の復興取り組みを紹介しました。(2017年3月8日)


8月1日水の日ポスター

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、8月1日の水の日に向けて水循環の大切さをお知らせするポスターキャラクターに選ばれ、撮影に臨みました。
 ポスターの掲示は夏ごろにスタート。全国で掲示される予定です。
(2017年3月3日)


外務省 岸田文雄外務大臣表敬訪問

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮崎あずささんら5人の受賞者が、外務省の岸田外務大臣を表敬訪問しました。
 大臣は、民間外交の重要性をお話しくださるとともに、ミス日本のこれからの活躍に対してエールを贈ってくださいました。
(2017年3月2日)


国土交通省 石井啓一大臣を表敬

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんが、国土交通省の石井啓一大臣を表敬訪問しました。
 水の広報官として今後の活躍が期待される宮崎さんには、大臣からエールが贈られました。また、宮崎さんは役目の全うのため、水について学びを深めて行く事を宣言しました。
 表敬訪問のあとは、各部署をひとつひとつ挨拶して巡りました。(2017年2月21日)


木と住まいの大博覧会

 ミス日本「水の天使」の宮崎あずささんと「みどりの女神」の野中葵さんの二人が、東京ビックサイトで開催されたNICE主催「木と住まいの大博覧会」に登場しました。
 会場中に、木造の家のぬくもりや生活のしやすさを紹介。技術革新により、耐震や耐熱についても実現できるようになり、木材の魅力は高まっています。
 ミス日本の二人はノートを片手に会場を学習視察しました。
先輩みどりの女神の飯塚帆南さんはシンポジウムにパネラーとして登壇し、若者目線で林業の魅力や意義をお話しました。(2017年2月5日)


第31回下水道職員健康駅伝大会

 ミス日本「水の日」の宮崎あずささんや、歴代水の天使が集合して駅伝チームを結成。第31回下水道職員健康駅伝大会に出場しました。
 開会式では一人一人が現況報告を兼ねて一言挨拶。これまで下水道の発展に力を尽くした水の天使に、会場中からあたたかい声援があがりました。
 スタートの合図とともに400チーム以上が一斉にスタート。水の天使も一緒に走り、気持ちの良い汗をかきました。
(2017年2月4日)


全国下水道職員研修会「下水道場」

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、全国の若手下水道行政担当職員を集めて行われる下水道場にゲストとして招かれました。
 積極的な意見交換を行ったほか、ワークショップの発表で優秀な成績を収めた方に対して賞状の授与と記念品を贈るプレゼンテーターなどの役割を担いました。(2017年2月3日)


高幡不動尊 節分豆まきの会

 ミス日本グランプリの高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮アあずささんら5人の受賞者たちが、高幡不動尊にて行われた節分豆まき会に、「年男」役で登場しました。
(高幡不動尊は男女問わず「年男」と表記します)
 境内を埋め尽くすほどの人出に圧倒されつつ、5人は一人でも多くの方に福豆を届けるべく「福は内ー」の掛け声とともに腕を振るいました。(2017年2月3日)


オリンピックパラリンピック 丸川珠代大臣表敬

 ミス日本グランプリ高田紫帆さんやミス日本「水の天使」の宮アあずささんら2017年の受賞者5名が、オリンピックパラリンピック担当大臣の丸川珠代氏を表敬訪問しました。
 全世界が注目する大イベントの開催に向け、ミス日本も協力していくことをお約束させていただきました。(2017年2月2日)


みなかみスノーシューフェスティバル

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さnが、群馬県みなかみ町の「スノーシューフェスティバル」にゲストとして登場しました。
 この日は地元も驚く超快晴。積もった雪と抜けるような晴天の中、集まった参加者たちは須藤さんとともに銀世界へ。
 走り回ったり、滑り降りたり、子ども達も一緒になってスノーレジャーを楽しみました!
(2017年1月29日)


DHSを用いた水量変動追従型水処理技術実証研究実証施設完成記念式典

 2017ミス日本「水の天使」に選ばれたばかりの宮アあずささんと、任期を終えたばかりの「水の天使」須藤櫻子さんの二人が、下水道革新的技術実証事業「B-DASH」によって完成した施設の記念式典に司会として登場しました。
今回の施設は人口減少社会をにらみ、水処理量を変更することができる仕組みです。
 宮崎さんにとってはすべてが初めての体験ということもあり、先輩水の天使の須藤さんがしっかりサポート。快適で住み良い社会のためにがんばる関係者の姿を目の当たりにし、それを今後伝えていくという水の天使の使命を再認識する機会となりました。(2017年1月25日)


マンホールサミットin埼玉2017

 日本最大のマンホール総合イベント「マンホールサミット」が埼玉県で開催され、ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが司会役を務めました。
 会場に集まったのはなんと3000人で、立ち見がでるほどの満員御礼。
 著名人が登場しないセミナーにおいては異例ともいえる報道マスコミ関係者による取材。
 しかも集まった人たちにも今まであまり知られてこなかったマンホールの歴史や魅力、小ネタが続々と登場し、会場は大きな盛り上がりを見せました。
 須藤さんはわきあいあいのムードそのままに司会を進行。最後は初披露の「マンホールポーズ」を会場全員でキメました。(2017年1月14日)


横浜市上下水道シンポジウム

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、横浜市上下水道シンポジウムに司会として登場しました。
 これまで上下水道の広報活動を通じて学んだ水循環の知識を活かし、パネラーのみなさまの話をしっかり受け止めながら進行役を果たしていました。
(2017年1月13日)


日本下水道施設業協会 平成29年賀詞交歓会

 ミス日本「水の天使」の須藤櫻子さんが、日本下水道施設業協会ならびに東京下水道設備協会の賀詞交歓会に司会兼ゲストとして登場しました。
 1年間の活動を通じてすっかり「水の広報官」の貫禄が出てきた須藤さんは、これまでお世話になった方々に積極的にご挨拶し、司会進行も堂々と進めました。(2017年1月6日)


水の天使 活動予定

   
   
   
   

す明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。


information

事務局へのお問合せはこちら

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-10-12
(公益社団法人日本下水道協会内)
 TEL.03-6206-0205
 FAX.03-6206-0265




著作権について

当ページに記載してある記事や写真は、ミス日本コンテスト事務局の著作物であり、日本の著作権法や国際条約などで保護されています。著作権者の承諾なく転載・使用することを固く禁じます。

アーカイブ

・2013年活動レポート
・2014年活動レポート
・2015年活動レポート
・2016年活動レポート